小児・母子専門 訪問看護ステーション Daisy MUSE

病気や障がいがあっても、おうちで家族と過ごす選択肢を。病気や障がいがあっても、おうちで家族と過ごす選択肢を。

Message DaisyMUSEからのメッセージMessage DaisyMUSEからのメッセージ

おうちに、帰ろう

病気や障がいがあっても、おうちで家族と過ごすという選択肢を。

ママやパパの声
お兄ちゃんの走り回る音
夕方のご飯の匂い
ポカポカお散歩道
近所のわんちゃんの声

お家だからできることもある。
お家だから可能性が広がることもある。
お家だから得られる安らぎと癒しがある。

呼吸器がついていても、
点滴が必要でも、
「生きる」は楽しむこと。

医療は人生を楽しむための手段です。
ご家族にとっての幸せを、形にするお手伝いをさせてください。

「おうちに、帰ろう」

Service 小児・母子専門 訪問看護ステーションDaisy MUSEでできることService 小児・母子専門 訪問看護ステーションDaisy MUSEでできること

①体調確認、発育の確認

体温、呼吸、脈拍、血圧や全身状態の確認を通して、かかりつけ医に報告・連携します。また、ミルクの飲みや体重の増え方、発達状況を確認し、適宜アドバイスをします。

②医療機器管理

在宅酸素、人工呼吸器、吸引器、モニターなどが正常に機能しているかどうかや、お子さんの現状に即しているかどうか確認します。

③医療的処置

かかりつけ医の指示の元、点滴管理や傷の処置などを行います。

④暮らしのサポート

お薬や食事、授乳、お風呂、排泄などのお手伝いやアドバイスをします。また、子どもにとって重要な遊びを通して発達をサポートします。

⑤ご家族の休息や外出のサポート
(レスパイト)
※準備中

お買い物やお出かけ、兄弟の行事参加などの際にご自宅や外出先でお子さんをお預かりいたします。24時間ずっと気を張っているご家族の休息にもご利用ください。
※Daisy MUSEの訪問看護をご利用している方のみのサービスです

Staff DaisyMUSE スタッフStaff DaisyMUSE スタッフ

施設長 佐藤 彩那

これをみてくださっている多くの方は、いよいよおうちでの生活を具体的にイメージする段階にいらっしゃることと思います。

今まで病院にいれば医療者が居て安心だったところから、お家での役割の多さや自分たちで判断しなければいけない責任感にもしかしたら不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

でもおうちには、希望があります。可能性があります。
ずっと一緒にいられる幸せと安らぎがあります。

だからもし良ければ、今ご家族が抱えているその役割や不安を少し私たちに分けてください。

そしてその分、ご家族にしかできないことに時間とパワーを使って、家族の「楽しい暮らし」や「幸せな暮らし」を欲張って欲しいのです。

障がいや病気の有無にかかわらず、子育ては1人で頑張るものではありません。子育ては社会全体でするものです。

そして、子育ては耐えるものではなく、楽しむものです。

私たちは、あなたの子育てチームの一員です。
一緒にお子様の成長発達を見守れることを楽しみにしています。

1987年10月26日生まれ。青森県八戸市出身。東北大学病院NICU、ICUで勤務後、3人目妊娠中にbaby&familyサロンsugarオープン。2021年、産前産後ケアサービスDaisy MUSEをスタート。高校生の頃から障がいや病気を持つ子どもたちの活動をサポートするボランティアを続け、「NPO法人難病こども支援全国ネットワーク」主催のサマーキャンプボランティアにも参加。

License
看護師/保健師/CISA認定小児スリープコンサルタント/メンタルトレーニングスペシャリスト/チャイルドコーチングマイスター

Learning
栄養学/脳科学/心理学/ベビーマッサージ/ベビースキンケア/産後パートナーシップ/育児のイライラ

強み
小児一般、早産・低出征体重児の成長発達、呼吸器管理、愛着・発達ケア

看護師長 岩渕 由美子

就職と共に、新生児集中治療室(NICU)での勤務となった私。

当時は、小児科は希望したけどまさかNICUだなんて・・・
絶対続けられない、絶対楽しめない、そう思っていたのを今でもはっきりと覚えています。

そんな気持ちから始まったNICU勤務ですが、体は小さくともずっしりと命の重さを感じ、生きようとする力に溢れた赤ちゃんたちとそれを深い深い愛で支えるご家族との絆の強さを目の当たりにし、気づいたら母子ケアのトリコとなっていました。

今、私がこんな風に仕事をしているだなんて、あの頃の自分は想像もしていなかったでしょうね。

たくさんの赤ちゃんとそのご家族に、今度は地域に出て恩返しをしたい!と、意気込んで飛び込んだ保健師の世界では、社会資源の不足、助けたいのに力になれない現実にもどかしさもありました。

NICU勤務、そして行政経験のある私だからこそ、できるケアがあると確信しております。おうちに帰っても大丈夫。

どうか、ママのその肩の荷を一つ、私たちに分けてくださいね。

1987年6月27日生まれ。秋田県湯沢市出身。東北大学病院NICUにて6年勤務後、保健師として市内行政にて母子保健業務に4年従事。2人の男児のママとして日々奮闘中。

License
看護師/保健師

Learning
新生児蘇生法/東洋医学/ベビーマッサージ/ベビースキンケア/離乳食・幼児食/栄養学/乳幼児のねんね

強み
小児一般、早産・低出生体重児の成長発達、人工呼吸器管理、経管栄養管理、胃ろう管理、社会資源サポートの紹介

看護師 茅野 翼

あなたにとっておうちで過ごす時間とは?
と、聞かれたら私は自分が一番落ち着いて過ごせて、家族の愛や幸せに寄り添うことのできる「最幸」の時間と答えます。

年齢・性別などに関わらず、大切な家族と過ごす時間が幸せであり、こころが愛で満たされる時間だと思います。

一人で頑張りすぎていませんか?色々なことを我慢していませんか?
子育ては頑張る必要も我慢する必要もありません。
辛い時は頼ってください。

おうちで安心して生活できる環境を作り、お子さん、ご家族、ご家族をサポートしてくれる人、それぞれが今よりも「最幸」を感じることができるように。
私たちにお手伝いさせてください。

1992年2月21日生まれ。新潟県新潟市出身。関東の病院で6年勤務、妻の出産を機に仙台へ転勤。仙台では手術室の管理者に3年従事。2児のパパとして子育てを楽しんでいます。

License
看護師

Learning
看護管理/医療安全管理

強み
安全管理/感染管理/周手術期サポート

施設長 佐藤 彩那

これをみてくださっている多くの方は、いよいよおうちでの生活を具体的にイメージする段階にいらっしゃることと思います。

今まで病院にいれば医療者が居て安心だったところから、お家での役割の多さや自分たちで判断しなければいけない責任感にもしかしたら不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

でもおうちには、希望があります。可能性があります。
ずっと一緒にいられる幸せと安らぎがあります。

だからもし良ければ、今ご家族が抱えているその役割や不安を少し私たちに分けてください。

そしてその分、ご家族にしかできないことに時間とパワーを使って、家族の「楽しい暮らし」や「幸せな暮らし」を欲張って欲しいのです。

障がいや病気の有無にかかわらず、子育ては1人で頑張るものではありません。子育ては社会全体でするものです。

そして、子育ては耐えるものではなく、楽しむものです。

私たちは、あなたの子育てチームの一員です。
一緒にお子様の成長発達を見守れることを楽しみにしています。

1987年10月26日生まれ。青森県八戸市出身。東北大学病院NICU、ICUで勤務後、3人目妊娠中にbaby&familyサロンsugarオープン。2021年、産前産後ケアサービスDaisy MUSEをスタート。高校生の頃から障がいや病気を持つ子どもたちの活動をサポートするボランティアを続け、「NPO法人難病こども支援全国ネットワーク」主催のサマーキャンプボランティアにも参加。

License
看護師/保健師/CISA認定小児スリープコンサルタント/メンタルトレーニングスペシャリスト/チャイルドコーチングマイスター

Learning
栄養学/脳科学/心理学/ベビーマッサージ/ベビースキンケア/産後パートナーシップ/育児のイライラ

強み
小児一般、早産・低出征体重児の成長発達、呼吸器管理、愛着・発達ケア

看護師長 岩渕 由美子

就職と共に、新生児集中治療室(NICU)での勤務となった私。

当時は、小児科は希望したけどまさかNICUだなんて・・・
絶対続けられない、絶対楽しめない、そう思っていたのを今でもはっきりと覚えています。

そんな気持ちから始まったNICU勤務ですが、体は小さくともずっしりと命の重さを感じ、生きようとする力に溢れた赤ちゃんたちとそれを深い深い愛で支えるご家族との絆の強さを目の当たりにし、気づいたら母子ケアのトリコとなっていました。

今、私がこんな風に仕事をしているだなんて、あの頃の自分は想像もしていなかったでしょうね。

たくさんの赤ちゃんとそのご家族に、今度は地域に出て恩返しをしたい!と、意気込んで飛び込んだ保健師の世界では、社会資源の不足、助けたいのに力になれない現実にもどかしさもありました。

NICU勤務、そして行政経験のある私だからこそ、できるケアがあると確信しております。おうちに帰っても大丈夫。

どうか、ママのその肩の荷を一つ、私たちに分けてくださいね。

1987年6月27日生まれ。秋田県湯沢市出身。東北大学病院NICUにて6年勤務後、保健師として市内行政にて母子保健業務に4年従事。2人の男児のママとして日々奮闘中。

License
看護師/保健師

Learning
新生児蘇生法/東洋医学/ベビーマッサージ/ベビースキンケア/離乳食・幼児食/栄養学/乳幼児のねんね

強み
小児一般、早産・低出生体重児の成長発達、人工呼吸器管理、経管栄養管理、胃ろう管理、社会資源サポートの紹介

看護師 茅野 翼

あなたにとっておうちで過ごす時間とは?
と、聞かれたら私は自分が一番落ち着いて過ごせて、家族の愛や幸せに寄り添うことのできる「最幸」の時間と答えます。

年齢・性別などに関わらず、大切な家族と過ごす時間が幸せであり、こころが愛で満たされる時間だと思います。

一人で頑張りすぎていませんか?色々なことを我慢していませんか?
子育ては頑張る必要も我慢する必要もありません。
辛い時は頼ってください。

おうちで安心して生活できる環境を作り、お子さん、ご家族、ご家族をサポートしてくれる人、それぞれが今よりも「最幸」を感じることができるように。
私たちにお手伝いさせてください。

1992年2月21日生まれ。新潟県新潟市出身。関東の病院で6年勤務、妻の出産を機に仙台へ転勤。仙台では手術室の管理者に3年従事。2児のパパとして子育てを楽しんでいます。

License
看護師

Learning
看護管理/医療安全管理

強み
安全管理/感染管理/周手術期サポート

Detail 小児・母子専門訪問看護ステーション ご利用詳細Detail 小児・母子専門訪問看護ステーション ご利用詳細

<対象>

医療的ケアが必要なお子さんや、
発達発育の見守りが必要なお子さんで、
主治医の訪問看護指示書がある方。
0歳の赤ちゃんからお受けできます。

<訪問回数>

医療保険の利用条件にもとづいて、
週1〜3回利用できます。
1回の訪問時間は30分〜90分の範囲です。
特別管理対象者や特別訪問看護指示書期間中は
週4日以上の訪問や1日に複数回の利用等が可能です。
※レスパイト利用はこの限りではありません。

<訪問エリア>

宮城県仙台市
※その他の地域についてはご相談ください。

<提供日・時間>

月~金 9:00~16:00
(土日祝日、お盆、年末年始は休業)
営業日以外をご希望の場合はご相談ください。

<ご利用料金>

医療保険にご加入で医師による訪問看護指示書の範囲であれば保険適用です。
小児の場合利用できる助成もありますので、
実質負担は交通費のみのご家庭も多いです。
詳しくは直接ご相談ください。
なお、レスパイト利用は実費となります。

<交通費>

ステーション(仙台市上杉)から片道5km以内は1回あたり250円
5km以上の場合は1kmごとに+50円となります。

Contact お問い合わせContact お問い合わせ

<病院で>

主治医や病院の地域連携室・相談支援員さんまで、ご相談ください。

<DaisyMUSEへ>

お電話・またはフォームにて
直接Daisy MUSEにご連絡ください。

050-3695-3035

受付時間:月~金 9:00~16:00

Form お問い合わせフォームForm お問い合わせフォーム

送信後、1〜2営業日以内に
スタッフより返信いたします